icon 飛散防止フィルムの効果

ガラス窓のショールーム

子供たちが遊んでいて窓ガラスにぶつかりけがをしてしまったら一大事です。

窓ガラスは一見頑丈そうに見えますが、簡単に割れてしまうものであり、また、けがをすると深い傷を負うことが多いので、大けがになる場合も結構あります。

これを防ぐには飛散防止フィルムを貼ることです。

これを窓の内側に貼ることで、たとえガラスが割れても中に入ってこないので安心です。

また、色のついた飛散防止フィルムを貼ることで外からフィルムが貼っていることがわかるため、空き巣対策にもなります。

icon 飛散防止フィルムの注意点

ガラス窓の建物

飛散防止フィルムを貼る際の最大の注意点は、ガラス面全面にムラなく貼ることです。隙間ができることで飛散防止効果が大きく低下してしまうので、飛散防止フィルムを購入する際には、十分大きさに余裕のあるものを選びます。

また、貼り付ける際には、事前に軽く水拭きや霧吹きで水分を吹き付け、空気だまりができないように注意して貼ることも重要です。気泡が残ると飛散防止効果が落ちるだけでなく、見た目にも汚くなってしまいます。

自分で貼るのが難しいと感じたら、ガラス修理やガラス交換を行っている業者に依頼すると安心です。

icon 飛散防止フィルムの概要

ガラス窓と電線

地震や台風などの災害時に、二次災害を防ぐ目的で窓ガラスなどに貼られるフィルムを指します。

飛散防止フィルムを貼ることによって、飛び散った破片で怪我を負うリスクを軽減出来るだけでなく、空き巣防止効果も得られます。

窓からの紫外線を9割以上カットする効果も持ち合わせており、エアコンの機器が良くなり節電にも貢献します。

その様々なメリットが評価され、近年はガラス修理やガラス交換を契機に、飛散防止フィルムを貼る家庭が増えており、市場規模は毎年右肩上がりで上昇中です。

icon ガラス交換のメリット

ガラス窓の住宅

ガラス交換のメリットは、既存のガラス修理では得られない効用があるときに発生します。

例えば台風に襲われやすい環境にある場合は、暴風による飛来物に備えて飛散防止フィルム入りのガラスに交換することは大変有効です。

不審者に備えたい場合は防犯ガラスに交換することで安心感が生まれ、防寒や防音に備えるのであれば複層ガラスも有効です。

またこれら複数の効用を持つ製品もあり、上手に選択することでより多くのメリットを享受できます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031